ハレの日製作所

Harenohi Blog
“ハレの日パーク”

ハレの日マーク

これは神無月のハレた朝撮った朝顔の写真。10月になっ頑張って咲いてくれてる朝顔。しかも!蕾もあるのです。これも数日内に咲くことでしょう。ニッコリ。

この朝顔は以前に朝顔市で購入した花の種を植えたもの。

何年前の種かはもうわかりませんが、とにかく毎年大事に種を取り、一鉢必ず作っています。それがこのように10月になっても私たちを楽しませてくれている。。。

毎年小豆色に白い線の入った品種でその名も「団十郎」(歌舞伎の市川家の紋からの由来)の種も取るのですが、何故かこの品種は同じ色の花が咲きませんし、そもそも芽が出ているのかもわからないのです。写真の花のような白、ピンク、青色の花は咲いてくれるのですが・・・。

どなたが団十郎の種を咲かせているって方いたら種まきの注意点教えてください!

さて、このように秋になっても咲いてくれている朝顔。嬉しいですよね。

我が家では今年に限らずいつも10月末くらいまで朝顔が咲きます。葉も真夏の青々とした様相からはかけ離れ貧弱になり、葉そのものが大きく成長せずにいるので鉢全体が”すかすか状態”となってくるのですが、それでもまだ頑張って花をつけると信じて片付けせずに手入れをしているとこのように花をつけてくれます。

命のある限り、頑張ってくれる朝顔ですからこちらも精一杯見守っているのです。少しでも青い葉が残っていればあきらめないことが大事なんだと思うのです。

あきらめない・・・と言えば、

昨今、知ったデータでは2013年から2015年までに休廃業・解散した6405社のうち黒字企業が50.5%、利益率10%台が13.6%,20%以上が6.1%にだったとのこと。

もちろん休廃業・解散をした経営者は苦渋の決断だったことでしょう。ただこの勢いで中小企業が減少していくと行く末は大企業にも様々な形で影響するでしょうし、その地域経済や国家財政にも響いてくることは間違いなし。その分新しい会社が増えていけばいいのですけどね。

これからの時代、お金そのものの価値観も様変わりするでしょうし、人々の働き方も変わってくるでしょう。何よりAIが人間のできることを替わるという世の中になり変化のその先が見えないところではありますが、世の中は確実に前進していくのですから希望を持って事業継続して欲しいと切に願うのです。

朝顔のように手入れを怠らなければこのように長く咲くのですから。。。

ハレの日製作所ももっともっと頑張って長く長く咲いているようにこれからも頑張りますよぉ!

CONTACT

まずはお問い合わせ
http://www.hare-no-hi.co.jp/blog/706/
ページの先頭へ