Harenohi Blog
“ハレの日パーク”

ハレの日マーク

ハレの日製作所は過去を振り返り、未来へと思いを伝える会社として設立しました。会社が品川区ですので、ご縁があって、しなjobという女性経営者の集まる異業種栗生組織に参加させて頂いています。

そのしなjobの創設者は品川区中心に地域に根ざしたスーパーマーケットを展開されている文化堂・創設者の後藤せき子さんです。しなjobに入会したおりに、後藤せき子さんの著書 

「独立独歩で60年 

正直に

前向きに

そして明るくね」

を頂きました。

後藤せき子さん語録と後藤さんの物語から構成されている本です。

この本の冒頭に株式会社 文化堂 代表取締役社長 花岡秀政氏が書いておられることがハレの日製作所が常日頃お話してことと同じですのでご紹介します。

ページ003 ~004

社風とは、トップの鶴の一声で決まるものでもありません。従業員全員が納得し、全員の腹の底に落ちてこそ、社風といえるのです。そうして生まれた社風は、伝え続けていかねばなりません。これは根気がいることですが、そこが揺らいでしまっては、発展はありません。社風は、社内の「躾」でわかります。よい躾を磨いていきたいと思っています。

そして、社風の基礎となるのが、創業者の思いなのです。トヨタしかり、パナソニックしかり。創業者の思いを言葉にし、残し続けている会社だけが、長く生き残っています。それが事業のやり方の根本にまでなっているのです。」

発行者 株式会社 文化堂

発行日 2014530

ハレの日製作所はまさしく上記のことを伝え続けていくお手伝いをするために設立した会社です。

「自分は何者で、どこから来て、どこに向かうのか」これを次世代につなげていく役割を担っていきます。もしこれがわからなくなってしまったら・・・ご相談ください。

CONTACT

まずはお問い合わせ
ページの先頭へ