Harenohi Blog
“ハレの日パーク”

ハレの日マーク

一年前に周年記念映像。記念冊子制作のハレの日製作所を立ち上げてたくさんの笑顔が素敵な人に出会いました。とてもとても全ての人はあげられないのですが、今日は笑顔が素敵なお二人を紹介します。

一人目は パンアキモトの秋元義彦社長

そう、パンの缶詰で有名な秋元さん。年々益々パワーアップしている秋元社長。

お茶目な笑顔がとっても素敵ですよね。

秋元社長は1995年の阪神淡路大震災にて、栃木県那須塩原からパンをトラックに積んで被災地に向かいました。ところが、交通網遮断により現地に到着した時にはせっかく作ったパンの賞味期限が切れてしまい被災者に配ることができなかった悔しさから、美味しい非常食用パンの缶詰の製造を思いつきました。度重なる試行錯誤の末、製造から37ヶ月もつ現在のパンの缶詰が完成し今はパン缶と言えばパンアキモトにまで会社が成長していきました。秋元社長はその次に実行したのが、非常食として購入して頂いたお客様のパン缶を賞味期限切れの約1年前に回収をしてそれを国際飢餓機構に寄付をするというビジネスモデル。お客様にとってパンアキモトのパン缶を購入したら備蓄として役に立ち、さらに世界の飢餓地域への寄付という寄付行為もできるということ。パン缶がお客様の非常時のお役に立ち、さらには世界飢餓地域のお役に立つ、こんな素晴らしいことを考えた社長さんです。秋元社長は常に新しい発想で新しいビジネス、そして新しい社会貢献を常に考えておられます。まだまだ走り続けているからこそいつまでも笑顔を絶やさない素敵な方になっているのでしょうね。

もうお一人は大棟耕介さん

本当に素敵な笑顔ですよね。大棟さんはクラウンとして日本だけでなく世界に笑顔を届けています。町やショッピンモールでのパフォーマンスはもとより、クラウン世界大会で優勝する次世代もしっかり育てておられます。そしてホスピタルクラウンの活動は有名です。入院しているこども達を勇気づける運動を長いことボランティアで続けておられます。本当に頭が下がります。人としての素晴らしさが顔ににじみ出ていますよね。

もっともっと書きたい人はたくさんいます。笑顔でいるからこそ幸せってやってくると感じる方々との出会いは私だけでなく周りのみんなを幸せにします。

今年もたくさんの笑顔ありがとうございます!

CONTACT

まずはお問い合わせ
http://www.hare-no-hi.co.jp/blog/869/
ページの先頭へ